顔のいぼの取り方

気がつけばポツポツできているいぼは、40歳ころから急に多くなることも。目の周りにたくさんできるポツポツは、稗粒腫です。放っておいても問題ありませんが、見た目には気になりますね。皮膚科のいぼ治療はレーザーが多いのですが、顔だけに躊躇する人も多いでしょう。

 

そんな時には、いぼ取り専用ジェルがおすすめです。お肌のお手入れのついでにサッと塗るだけで、気が付けばポロリと取れています。当サイトでは、いぼ取り専用のジェルを厳選ランキング。ずっと気になっているという人は、この機会に始めてみませんか?

 

艶つや習慣の特徴

目元のポツポツにオールインワンいぼケア専用ジェルです。角質ケア+スキンケア(潤い・ハリ・キメ・しなやか)が、これ1つでできます。気になるポツポツには、アンズとハトムギの成分を。潤いにプラセンタやアロエベラ、保水力のヒアルロン酸を。全身の気になるポツポツに使える大容量でコスパも◎。お得に始めるなら、WEB限定の定期便で初回2,052円(税込)。気が付けばポロリと取れていると、好評です。

価格 2,052円
評価 評価5
備考 プラセンタ・アロエベラ・ヒアルロン酸

 

シルキースワンの特徴

1日朝夕2回のケアでなめらかな肌にする専用ジェルです。ダブルのヨクイニンがいぼに効果を発揮。オウバクエキスとヨーロッパブナ芽エキスが保湿やハリをプラスします。そのほかプラセンタなど、美容成分も配合されています。衛生面を考えた、15日分×2個セット。毎月つるるんコースなら、特別価格2,980円(税別)。ポツポツが目立たなくなってきたとの評判あり。

価格 2,980円
評価 評価4
備考 ヨクイニン・オウバクエキス・ヨーロッパブナ芽エキス

 

ぽろぽろとれる杏ジェルの特徴

余計なもの取り肌を整える自然派ピーリングジェルです。気になる部分につけて優しくこするだけで、古い角質を除去します。余計な物がなくなり、つるスベのしっとり肌に。ポツポツ対策には、杏とハトムギ種子エキスが効きます。お肌を柔らかくするナス果実エキスもプラス。週に2〜3回の使用がめやす。お得なボーナスコースは、特別割引2,500円(税別)。肌のざらつきも気になる方に。

価格 2,500円
評価 評価3
備考 杏・ハトムギ種子エキス・ナス果実エキス

 

顔にいぼができる原因は?

 

いぼの正式名称は疣贅と言います。顔にできるいぼはウイルス感染によるものと加齢によるものがあります。いぼの原因となるウイルスはヒトパピローマウイルスと呼ばれています。100種類以上の型が存在することが確認されているウイルスです。

 

いぼは手や足にできやすいもので顔にもできるいぼがあります。顔にできるいぼは3種類あり、それはウイルス性である尋常性疣贅、扁平疣贅、老人性疣贅になります。尋常性疣贅はヒトパピローマウイルスの2型、27型、57型の感染で起こるもので一般的ないぼになります。

 

外部からの物理的な刺激でできた外傷からウイルスが皮膚内に入り込み発症します。そのため外傷を受けやすい手や足、顔にできやすいと言われています。扁平疣贅は顔や手にできやすく青年期に見られることが多いです。そのため青年性扁平疣贅とも呼ばれています。

 

ですが子どもや中年にも発症するいぼであり小さな傷からウイルスが入り込んで起こります。そのウイルス性とはヒトパピローマウイルス3型、10型の感染になります。名前の通り扁平に隆起して一度にたくさんのいぼができる特徴があります。かゆみや赤みなどの火炎反応も起こることがありニキビと間違えやすいいぼでもあります。

 

この炎症反応は治る前兆なので症状発症後、1〜2週間で治ることが多いです。老人性疣贅は老人性角化腫とも呼ばれるもので加齢により皮膚の老化が起こるいぼです。顔以外にも全身にできるもので放置すると年々大きくなり数も増えます。皮膚の老化なので悪性ではありません。ですが老人性疣贅と見た目がよく似たような疾患である悪性黒色腫や基底細胞癌などの悪性腫瘍や癌である可能性もあるので皮膚科の検診を受けることをおすすめします。

 

顔のいぼを取るには?

 

いぼの原因はヒトパピローマウイルスというウイルスになります。このウイルスが傷口に入り込んで感染することで肌にいぼができます。このウイルスは100種類以上もあります。いぼにも種類は様々で、できる部位や年齢、症状は人により異なります。顔にできるいぼは青年性扁平疣贅と呼ばれるものがほとんどで、やや突起していて大きさは米粒より少し小さい程度になります。肌の色とほぼ同じ色をしていて20歳前後の女性に多く見られます。中年以降の発症はほとんどないものでこのいぼは1〜2週間で自然と消えてしまう場合があります。放置しておくのは良くありません。

 

ひどい場合はどんどん増殖してしまうので見つけた場合はすぐに医師に相談することです。市販のいぼの治療薬は多く販売されていますが、病院へ行くよりも手軽で安いということで簡単に手を出してしまうのは良くありません。

 

いぼの原因となるウイルスは多種多様なのでいぼの種類も様々になります。そのため気になる場合は自己判断でのケアをする前に皮膚科や美容クリニックで相談することです。クリニックでの治療は液体窒素やレーザー、ステロイドや漢方薬など症状に合わせた様々な治療法があります。

 

治療方法や受ける人の体質などは人により大きく異なるため保険が適用されるかどうかも合わせて専門医に相談することをおすすめします。いぼは免疫力が下がった時や皮膚が薄いところにできると言われています。肌は清潔に保ち規則正しい生活を心掛けることが大切です。怪我や紫外線は肌にダメージを与え肌が弱ってしまうので日焼け止めなどで紫外線対策をすることもおすすめします。

 

いぼの除去はレーザーが効果的なのか

 

レーザーを使用したいぼの除去に対する認知度は従来の液体窒素法に並ぶくらい高くなります。レーザー治療を受けられる医療機関も増えてきていて美容皮膚科などが中心となっています。

 

いぼのレーザー治療は水に反応する炭酸ガスレーザーが用いられています。多くの水分が含まれた皮膚にレーザーを当てるとその部分の水に反応して熱エネルギーが発生します。その発生した熱が瞬間的に蒸散するのに伴い皮膚は削られます。そうすることでいぼが除去されることになります。

 

いぼを丸ごと摘出するレーザー治療は、処置後の皮膚はへこんだ状態になります。皮膚を修復する薬を塗り日焼けや色素沈着を予防することが大切です。そうすることで数カ月後には周りの皮膚と変わらないくらいに皮膚が良くなります。

 

いぼのレーザー治療は人気な治療法でありますがその人気の理由として完治率の高さがあります。液体窒素を使用した除去法では、何度も繰り返し治療を受ける必要があります。レーザー治療は1〜2回の通院でいいので早くいぼを除去したい方には特におすすめです。レーザー治療は麻酔を使用するので痛みを感じにくくなります。

 

麻酔を注射する時に痛みはありますが液体窒素で低温火傷を起こす痛みに比べると痛みは少ないと言えます。ただ、レーザー治療は保険適応外なことが多いので、ほとんどの皮膚科で保険が適応される液体窒素に比べると治療費が比較的高いというデメリットがあります。医療機関によって料金が異なるので事前にしっかり確認することが大切です。

 

いぼの除去に効果のあるオイル

 

イボの治療にオイルが効果的と聞いたことがある方もいると思いますが本当にオイルを塗るだけで効果は期待できるものなのでしょうか?そう疑問に思う方もいると思うのでイボとオイルの関係をご紹介します。

 

小さめでできたばかりのイボは美容オイルのオリーブバージンオイルで効果が期待できます。ですが、できてしまってかなり時間の経ってしまったイボには効果は期待できません。

 

ベビーオイルでイボ取りに成功した方もいますがこれはなかなか難しいことになります。イボに効果があるオイルとして有名なものがあります。それは杏仁オイルで杏仁オイルは使ってみると使用感にビックリします。

 

庶民には高級に感じるオイルであり、各社からはいくつも販売されています。どれも製品にはこだわりがあり、多くの商品を作るのは難しいという手間の掛け様になります。また、香りにもこだわりがあり香りは癒される香りになっています。そのためオイルを使用する度にオイルを使うのが楽しくなります。

 

アプリコットジャムを食べたことがある方はピンとくると思いますがまさにアプリコットジャムの香りに近いです。女性であればこの美容オイルを1本くらい常備していてもいいと思います。オイルを付けるだけでイボが無くなると思わずにできることは並行してやるとより効果的です。

 

イボができやすくなったということは体質的なこともありますが食生活の原因かもしれません。そのため普段から食生活にも気を配ることが大切になります。特に脇の下のイボは汗をかいたりスプレーをしても意外と不潔になりやすい部分なので毎日しっかりと洗い清潔であることが大切です。

 

赤い色のいぼは老人性のもの?

 

イボといっても色々ありますが、その中で赤いイボについて紹介します。ちなみにこれは、実際にイボというよりはホクロだと思う方も多いです。首、胸、腕、背中などに赤いホクロのようなものが出来た経験がある方も居ると思います。

 

もし出来たのでしたら、それは老人性血管腫である可能性が極めて高いです。名前である程度理解しているとは思いますが、原因としては加齢によるものが考えられていますが若い人でもできることがあります。

 

形としてはホクロのように平らであるものもあれば、出っ張ったものもあります。全身に出来る可能性がありますが、色白の方に多いといわれています。また、紫外線を多く浴びている方に出来易く、それ以外にも生活習慣が乱れたりしていても出来ます。

 

もしイボが出来たとしても、良性の腫瘍になるので特に気にしないで放置していても問題ないのですが、見た目が悪いので、気になる方は皮膚科を受診してください。

 

もちろんほとんど老人性血管腫だと思いますが、稀に違う場合があります。それ以外には先天性血管腫、ポートワイン血管腫、乳児血管腫というものがあるということも頭に入れておきましょう。予防方法としては、紫外線対策ということになりますので、出来るだけ外に出る際は完全防備で出るようにしてください。

 

ちなみに治療に関しては首イボと同じように皮膚科で除去することができます。方法としては液体窒素療法やレーザー療法になりますが、大きいイボの場合は手術が行われる場合もあります。治療方法や治療費などは事前に医師に確認しておくことをオススメします。

更新履歴